いやーすごいことが起こりましたよ!歌手・女優のジェニファー・ロペス(47)が、現地時間17日に行われたラテン・グラミー賞で元夫で歌手のマーク・アンソニー(48)とキスを披露しました。ジェニファーとマークは2011年に7年の結婚生活の末に破局。2人の間には双子がいて、離婚後も友好的な関係をきずいてる。

そんなジェニファーとマークは現地時間17日に行われたラテン・グラミー賞で一緒に男女のデュオ「Pimpinela」の「Olvidame Y Pega La Vuelta」をパフォーマンス。ジェニファーはパフォーマンスのあと、スペイン語で「マークは生きるレジェンドよ」「彼は私の心の友なの。私の愛する人よ」とスピーチし、マークにパーソン・オブ・ザ・イヤーを授与した。すると会場からスペイン語で「キス!」というコールが響き、唇にキスをして会場を盛り上げた。こちらの曲はジェニファーの新しいアルバムに収録される予定です。スペイン語だけのアルバムになるみたいで楽しみです!そして、マークアンソニーがこのアルバムのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるということなのできっとすごいアルバムになりますね。

オリジナル曲を歌っている “Pinpinela” はこちらから見れます。