人気海外ドラマ「プリズン・ブレイク」の主人公の兄リンカーン・バローズ役で知られる俳優ドミニク・パーセル(46)が、モロッコでの同シリーズ新作の撮影中にひどい重傷を負い、飛行機で病院に搬送された。

スクリーンショット 2016-06-05 8.11.50

ドミニクは落ちてきた鉄の棒にぶつかり、鼻の2か所を骨折、頭部を100針縫うけがを負ったという。ドミニクは一命を取りとめ、不幸中の幸いだったと認めている。また、負傷した自らの顔写真をInstagramにアップしており、「無事です。……撮影現場でちょっとした事故に遭いました。ははは! なるべく早く仕事に戻らなきゃだな。鉄の棒が降ってきたときに、頑丈な頭蓋骨を持っていて損することはないな!! かなりひどくいっちゃってて、鼻の骨も2か所折れたよ。ははは。おかげで鼻の美容整形をただでしちゃったぜ……今生きていることにぞくぞくしている。万事問題なしだ。落ち着いてきた。そういえば、膝をついたけど何ともなかった。医者が言うには、尋常じゃなく強い結合組織を持っているらしくて、そのおかげで救われたんだそうだ。バイキングの祖先には感謝しなきゃだな、ははは!!!!」とつづっている。

「死神から逃れて、砂漠で12ポンド(5.4キロ)も減量してしまったら、どうする? ともかく、どちらにせよ人生は続いていくんだ。九死に一生を得たことで、理解しがたい何かを見出したとか言えたらよかったけど。うーーん。たいしたことない、鼻骨折と、頭を100針縫っただけさ。そう、だからただ突き進んで、成り行き任せだ」。

また、ドミニクは恋人であり、「新ビバリーヒルズ青春白書」のナオミ役で知られる女優アナリン・マコードが事故発生後すぐに彼のもとへ駆けつけ、介抱してくれたことに感謝していた。「現場でとんでもない事故が起きて、その場にいてくれて本当にありがとう。彼女は狂ったようにママモードになって、医者クリスチャン・ノースラップと一緒に適切な処置をしてくれた。ショーは続いてる。心配ないさ!!! そういや、ヘリコプターで搬送されるのもこれまた別の大冒険だったぜ。俺の血が空から地上に降り注いでるんじゃないかとか考えてた!!! なんて一日だったんだ。生きていることに感謝」。

スクリーンショット 2016-06-05 8.12.03

ドミニクとアナリン(28)は3年間交際ののち破局したが、ドミニクに皮膚がんが発覚したことがきっかけで1年後に復縁していた。以前、アナリンは「(ドミニクが皮膚がんと聞いて)友達として彼とやりとりするようになったの。私が彼をお医者さんに連れて行ったりして。なんで彼に付き添ったのかって、彼が知ってたかどうかはいずれにせよ、私は彼のこと愛していたから。彼がわたしに言ったんだけど、『本当に俺のこと好きなんだな?』って。わたしは思わず、『オーマイゴッド。冗談でしょ? からかっているの? 今さら気づいてないとでも? 私の20代はあなたに捧げたのよ!』」と話していた。VIA.Livedoor news